天照備忘録 ~ブログ森の中にある小さな休憩所~

古物商で生き抜く知恵を提供します。弱小個人事業主です。その他ガジェット系やFPに関することもちらほら。



【古物商で稼ぐ】個人事業主はAmazon大口出品を止めるべきである ~Amazon小口出品に至った理由~

2019-07-24 追記 2019-07-04 新規

イメージサムネイル

イメージサムネイル ©すしぱく(素材) ©天照 貴之(加工)

【古物商で稼ぐ】個人事業主はAmazon大口出品を止めるべきである ~Amazon小口出品に至った理由~

 

 

◆出典、転記、参考、引用◆
◇その他、著作権の定められた条件(範囲)での利用◇
筆者の知識、経験
筆者撮影物、制作物
画像「フリー素材ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/)」「いらすとや(https://www.irasutoya.com/)」から

 

個人事業主はAmazon大口出品を止めるべきである

重いダンボールを持ち運び血管をアピールする上腕イケメンのフリー画像(写真) モデル:大川竜弥

重いダンボールを持ち運び血管をアピールする上腕イケメンのフリー画像(写真) モデル:大川竜弥 ©すしぱく

副業頑張ってますか・・・

はい。

ありがとうございます。

個人事業主はAmazon大口出品を止めるべきである。

なせ、この結論に至ったかをお話します。

現実に、2019年の初めから、6か月間。

FBA出品で、実際に試してみての個人事業主としての結論です。

FBA出品に付きましては、またどこかの機会で記載していきます。

気になる方は、先ずググって見て下さい。

 

まずは大口と小口をざっくり比較

夜景と美しい大小の水晶玉のフリー画像(写真)

夜景と美しい大小の水晶玉のフリー画像(写真) ©しーくん

まずは大口と小口をざっくり比較してみます。

大口と小口出品の違い 機能比較の早見表

  大口出品 小口出品
月額登録料 4,900円 ×
基本成約料 × 100円
一括出品ツールの利用 ×
注文管理レポート ×
出品者独自の配送料金とお届け
日時指定の設定
×
購入者へ提供できる決済方法
(出品者出荷の場合)
クレジットカード
Amazonギフト券
「Amazonショッピング
カード」
請求書払い
携帯決済
コンビニ決済
代金引換
Edy払い
クレジットカード
Amazonギフト券
「Amazonショッピングカード」
請求書払い
携帯決済
利用可能なオプションサービス [配送関連サービス]
フルフィルメント by Amazon (FBA) マケプレプライム

[広告サービス]
Amazonスポンサープロダクト
[その他]
法人販売プログラム
[配送関連サービス]
フルフィルメント by Amazon (FBA)


大口出品サービス

月額登録料4,900円+注文成約時にかかる販売手数料

  • ■ オリジナル商品もAmazonに既にある商品も出品可能
  • ■ 出品数やカテゴリーが無制限(一部制限あり)
  • ■ 大量の商品もまとめて出品登録が可能
  • ■ データ分析レポートが利用可能

大口出品の特典

  1. ショッピングボックスカートボックス獲得資格あり
  2. プロモーション、ギフトサービス利用可能
  3. オリジナル商品の出品が可能
  4. 代金引換、コンビニ決済が可能
  5. 出品数やカテゴリーが無制限(一部制限あり)
  6. 大量商品もまとめて出品登録可能
  7. データ分析レポートが利用可能
  8. 大口出品に登録しても、いつでも小口出品に

小口出品サービス

1点注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時にかかる販売手数料

  • ■ Amazonに既にある商品のみ出品可能
  • ■ 商品を出品するには1商品ごとに登録が必要

 

確かに稼げる大口出品

ダンボールから頭を出す(スコティッシュフォールド)のフリー画像(写真)

ダンボールから頭を出す(スコティッシュフォールド)のフリー画像(写真) ©hira

稼ぐことを着目すると、間違いなく大口出品がいいです。

大きな特徴として、

  • 代金引換、コンビニ決済の設定
  • カートボックス獲得率の上昇
  • マーケットプライムとして出品可能(自己発送から)

が挙げられます。

資金力がある方や法人の方は迷わず大口出品で。

 

個人事業主で数を売るのは困難

個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?のフリー画像(写真)

個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?のフリー画像(写真) ©すしぱく

おいおい。いきなりなんだよ。

・・・と思われた方いると思います。

しかし、個人事業主(個人)としての限界がここにあります。

個人事業主で数を売るのは困難を極めます。

筆者自身、営業ルートをある程度整理しているのですが、毎月100単位の利益確保商品を見つけられるかというと困難です。

これは地域性もあると思います。

他の理由として、近年、いわゆる転売ヤーが増えて参りました。

全体的にレッドオーシャン化しました。

その分、数を確保しにくくなる傾向にあります。

勝負するなら、あくまでも“ランチェスターの弱者の戦略”に則って攻めます。

www.amaterasu-takayuki.club

中古品は、生鮮食品、生もの、時価ものです。

大口出品の強みは数売ってナンボです。

大口出品は、月額料金を払えば、基本成約料が掛からないため手数料が節約出来ます。

 

販売ルートも考える

深刻な悩みをネットで相談する女性のフリー画像(写真)

深刻な悩みをネットで相談する女性のフリー画像(写真) ©カズキヒロ

筆者は、Amazonだけでなく他の販売ルートも確保しているので、Amazonだけで!となると個人業的に厳しいです。

なぜ、他販売かというと、各サービスのイメージに沿って出品しているためです。

ヤフオクなら珍しいモノ、Amazonならお得に簡単にそして家電、フリマアプリなら普段価値がないモノが売れる等など。

Amazonだけで!というのも、ある程度、地域性や場所や時間において、利益商品の数に確保の見込みがなければいけません。

必然的に、ある程度市街地化されている場所となるでしょう。

筆者の住んでいる地域は、恐らく全国の中で、半分より下の古物商売条件だと思います。

 

2019年からAmazonFBAにてスコアリングが改定

セラーセントラル在庫のパフォーマンス

セラーセントラル在庫のパフォーマンス ©天照 貴之

令和元年、AmazonFBAにてアカウントごとにスコアリング改定されています。

以前からもありました。

在庫のパフォーマンスと呼ばれるものです。

以下4つから算出されます。

  • 余剰在庫
  • FBA販売率
  • 有効な出品情報がないFBA在庫
  • 在庫ありの在庫

ざっくり説明で、1000点中350点未満だとなかなか厳しいペナルティが課されます。

概ね、新規商品でFBA出品出来なくなるでしょう。

1000点中350点以上だと、無制限にFBA出品出来ます。

ここでアマゾンは何が言いたいかというと、いつまでも倉庫に商品を置いておくな!ということです。

置き続けるなら、安売りで売ってしまうか、一度在庫を返送するか、破棄しろと言っているのです。

もし、それでも置き続けるならば、多額の手数料が襲ってきます。

手数料の詳細は割愛します。

 

大口出品に対する評論

デスクに置かれたマーケティング資料のフリー画像(写真)

デスクに置かれたマーケティング資料のフリー画像(写真) ©すしぱく

ぐるっとまとめて大口出品に対する評論です。

大口出品の特典を基に、見解を述べていきます。

👉ショッピングボックスカートボックス獲得資格あり。

これは、些細な間違いがあります。

ネット上の情報もこれに即していますが、注意が必要です。

小口出品でかつFBA出品なら、稀にショッピングボックスカートボックス獲得する場合があります。

これは、筆者の勝手な妄想ですが、おそらくスコアリングを導入しているものと思われます。

実際、小口でもショッピングボックスカートボックスを獲得することが出来ました。

FBA出品というのはかなり良い採点になっているものと予想されます。

👉プロモーション、ギフトサービス利用可能。

小口FBAでも大まかに可能です。

無しでも、数勝負を完全に諦めるなら必要ありません。

商品に魅力があれば、欲しい人は欲しいのです。

👉オリジナル商品の出品が可能。

オリジナル商品出せるなら、ネットショップ開業した方がいいです。

SEO的に強いです。

👉代金引換、コンビニ決済が可能。

あった方がいいですが、キャッシュレス化の波が来てますね・・・

※FBA出品の場合、デフォルトですべての決済が可能です。

👉出品数やカテゴリーが無制限(一部制限あり)。

数勝負しないなら関係なし。

カテゴリー制限は、痛いです。

👉大量商品もまとめて出品登録可能。

個人事業主は大量商品諦めましょう。

👉データ分析レポートが利用可能。

商品に魅力があれば、関係なし。

やはり、数があって、レポートの本領を発揮する。

👉大口出品に登録しても、いつでも小口出品に。

その通り。

でも小口にしてしまったら、もう大口に戻れません。

ただ、アカウントの健全性や時期によって、小口出品から大口出品の変更が出来ない場合があります。

つまりは、一度小口出品に移行した場合、大口出品に戻せる保証はないということです。

※追記時点(2019-07-24)では、筆者のアカウントは大口出品に再度の変更可能でした。

 

大口・小口どちらが合理的か決定!!!

MonaCoin(モナコイン・MONA)のフリー画像(写真)

MonaCoin(モナコイン・MONA)のフリー画像(写真) ©すしぱく

結局、ここに集約されます。

色々と情報が発信されていますが、シンプルです。

商品点数で月間50個以上、毎月必ず商品が売れる様であれば、大口出品

商品点数で月間50個未満が1年の中であるようなら、小口出品

他、許可証等、販売に必要な資格がない方も、ケースバイケースに対応して、小口出品。

 

自己紹介(副業の軌跡内)

古物商許可証

古物商許可証 ©天照 貴之

詳しい自己紹介は、プロフィール欄と副業の軌跡内にて。

www.amaterasu-takayuki.club

About me!(Amaterasu All) Intra-site link(サイト内リンク) Twitter(ツイッター)
休憩所/天照備忘録

実体験に基づいて、
主に古物商や自営業に関わる事を記事にしています。

他、ガジェット系やスマホ関連も時々書いています。

記事一覧

記事一覧。


動画共有サイト/天照novel

ユーチューブ関連の動画主に紹介しています。

また、今話題の商品なども紹介。

日記/million-dollar’s dream blog

ちょっとしたことを書き留めています。

ヤフオク/あまてらす

Yahoo!オークション内、あまてらす専用ブース。

副業のすべて

副業、月商10万までの道のり。

BASE/あまてらす

BASE内、古物商あまてらすショップ。

自営業(古物商)のすべて

“古物商”あまてらすのすべて。

共通連絡先メールアドレス:xoxvtaka777-amaterasu@yahoo.co.jp