天照備忘録 ~ブログ森の中にある小さな休憩所~

この休憩所では自由業・自営業を生き抜く知恵を提供します。自由業の性質から主に節税を中心に記載します。SNSボタンをクリック待ってます。読者登録も👍 =2017年11月にURL整理しました。はてブやスターがリセットされています。気に入った記事があれば再度チェックお願います<(_ _)>=

天照ばる~ん

【準中型免許】弱小自営業者が準中型を取りに行く 前編

大型/中型教本 準中型対応

大型/中型教本 準中型対応 キャプチャーサムネイル

【準中型免許】弱小自営業者が準中型を取りに行く 前編

 

 

◆出典、転記、参考、引用◆
◇その他、著作権の定められた条件(範囲)での利用◇
筆者の知識、経験
筆者撮影物、制作物
画像「ぱたくそ」「いらすとや」から
公益社団法人 全日本トラック協会
©株式会社 トヨタ名古屋教育センター

 

www.amaterasu-takayuki.club

 

準中型を考えた理由

大型/中型教本 準中型対応

大型/中型教本 準中型対応 ©株式会社 トヨタ名古屋教育センター

生きてますか。

大丈夫ですか。

大丈夫、生きています。

はい。

筆者は現在、準中型免許5トン限定を保有しています。

近年の自動車免許区分の傾向

いろいろ考えたのですが、近年、免許区分が複雑になり、免許を取るのに大変苦労します。

ということは、専業化が進むということです。

一般的に、専業化した職業、業種は賃金水準が守られるか上昇する傾向にあります。

もちろん、対する需要が無ければ、その職は無くなってしまうわけですが、恐らく、筆者が生きている限りは自動車は生き残るでしょう。

年齢

人間は幸運なことなのか、不幸なことなのか、歳を取って生きます。

高齢になればなるほど覚えが悪くなり、身体のあちこちに障害が出てきて健康維持も重要になります。

要は、例えが良くありませんが、車検のように定期的なメンテナンスが必要になるということです。

ブログ

wing7kanzuki.hatenablog.com

wing7kanzuki.hatenablog.com

決断

タクシーの後部座席

タクシーの後部座席 @すしぱく

江戸時代であれば、30歳は折り返し地点の年齢です。

いろんな面で衰える前に、準中型までは取っておこうと決断しました。

幸いにして、筆者の所有免許では限定解除審査(技能審査合格)で、準中型のフルスペックが乗れます。

中型や大型も考えましたが、金銭的な余裕や時間がないため、また今後の人生で、8トン以上の自動車を乗る機会がまずないことから、準中型免許というところで落ち着きました。

これは古物商を頑張っている際も同様です。

 

自動車は二つに判れる

高速のパーキングに停車中のバスと大型トラック

高速のパーキングに停車中のバスと大型トラック @すしぱく

一重に自動車といっても、第一種でまず四つに分かれます。

運転感覚からすると大きく二つに判れるそうです。

それは8トンというラインです。

8トン未満と8トン以上とでは、感覚が全く別のものになるそうです。

8トン以上は別の乗り物だと捉えたほうがいいかもしれませんね。

準中型を取る際の意外な注意点

ウユニ塩湖に集う車

ウユニ塩湖で観光客が使う車 @宮崎大輔

ざっくり言って、トラックがある場所でしか準中型免許は取れません。

今までは、5トンまでは普通自動車免許対応の学校で取れましたが、現状変わりがないため、必然的にトラックがある自動車学校で取得となります。

自動車学校はたくさんありますが、ほとんどが普通免許対応です。

Googleの地図で東海地区をひとつひとつ調べましたが、10件自動車学校があったら、在っても2、3件です。

準中型を取りたい人はよくスケジュールを練って行きましょう。

運転に自信があるという方は、運転免許試験場で一発試験という方法もありです。

ただ、ミスしたらまた一から手続きとなるので、サンデードライバーは諦めて学校通いましょう。

 

準中型は難解

睨むネコ

今はカタギ猫 @カズキヒロ

どう考えても、準中型は難解です。

中型の規制緩和と教習内容見直しでよかったのでは・・・

( #^ω^)・・・

 

準中型の過去記事

この機会に過去記事もご覧下さい。

www.amaterasu-takayuki.club

www.amaterasu-takayuki.club

www.amaterasu-takayuki.club

 

後ろを向いてはいられない

勝負のイメージ画像

ジリ貧でチップが減っていく @すしぱく

なかなか納得できない部分は正直ありますが、決まった以上はそのルールの上でやっていかなければいけません。

今後、区分改正があるとしても、10年単位で時間が掛かるでしょう。

現状のベストは尽くすだけです。

 

👉ワンポイント ※記事内のトン数は総重量で記載しております。