天照備忘録 ~ブログ森の中にある小さな休憩所~

古物商で生き抜く知恵を提供します。弱小個人事業主です。その他ガジェット系やFPに関することもちらほら。

【社員もアルバイトもみな一緒】同一労働同一賃金で、世の中が激変する

2020-03-09 table修正 2020-01-04 新規

イメージサムネイル

イメージサムネイル ©すしぱく

【社員もアルバイトもみな一緒】同一労働同一賃金で、世の中が激変する

 

 

◆出典、転記、参考、引用◆
◇その他、著作権の定められた条件(範囲)での利用◇
筆者の知識、経験
筆者撮影物、制作物
画像「フリー素材ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/)」「いらすとや(https://www.irasutoya.com/)」から
同一労働同一賃金特集ページ |厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html
同一労働同一賃金 | 働き方改革特設サイト | 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/same.html

 

社員もアルバイトもみな一緒

札束を背負ってきた豚の貯金箱のフリー画像(写真)

札束を背負ってきた豚の貯金箱のフリー画像(写真) ©すしぱく

お疲れ様でした。

あまてらすです。

さて、2020年の日本は世の中がガラリと変わります。

いや、変わらざるを得なくなります。

結論から申しまして、正社員だろうが、契約社員だろうが、派遣社員であろうが、嘱託社員であろうが、アルバイトであろうが、パートであろうが、すべて一つの“従業員”として一括りになります。

 

時代の流れを確認する

大正時代の雰囲気を残した温泉旅館のフリー画像(写真)

大正時代の雰囲気を残した温泉旅館のフリー画像(写真) ©Yamasha 撮影協力・監修 平湯温泉観光協会

時代の流れを今一度確認します。

それは、バブル崩壊から始まりました。

当時は、ほとんどの人が正社員、一部アルバイト、契約社員と派遣社員は特殊で、労働者グループの外に、建設業や農業が多く存在する、自営業が日本を支えていました。

バブル崩壊後、会社は正社員を安易に抱えれなくなります。

契約社員や派遣社員が穴を埋めます。

評価制度は年功序列が基本で、歳を重ねれば、給料は勝手に上がっていきました。

年月が経ち、年功序列もメリットデメリットが浮き彫りになります。

職人、熟練工に取っては良い制度でした。

人は年月を掛ければ一人前になるものです。

しかし、サービス業を始めとして、ほとんどの職種で似合わない制度です。

それは後の歴史が証明します。

IT革命(情報技術革命)がやって来ました。

一言でまとめると“合理化”ということでしょう。

3人でしていた仕事を2人でするということです。

残った労働力はどうしたら良いでしょうか。

今にも続く問題です。

そして、現在、“AI(人口知能)”に置き換えられてしまう分野では、年功序列は全く関係ありません。

人間がするべき仕事を見つけるか、誕生させる必要があります。

産業革命が蘇ったかのように・・・

 

同一労働同一賃金とは・・・

過酷な労働環境に耐えきれず「仕事をやめて実家に帰ろうかな・・・」と考える作業員のフリー画像(写真)

過酷な労働環境に耐えきれず「仕事をやめて実家に帰ろうかな・・・」と考える作業員のフリー画像(写真) ©すしぱく ©OZPA(モデル)

政府の働き方改革の一つ「同一労働同一賃金制度」が2020年4月から適用されます。

同一労働同一賃金とは、職務内容が同じであれば、同じ額の賃金を従業員に支払うという制度です。

細かい制度の部分は調べていただけたらと思います。

この制度の前に、実は前触れみたいなことがありました。

派遣切り現象です。

5年を超えた労働者には、申し出があり次第、無期限の労働契約を提示しなければいけないというものです。

確かに、同一労働同一賃金をセットに施行できれば、実務として、無期限の労働契約をしたいと思う経営者は多いことでしょう。

簡潔に、バブル以前の高コストな社員は要らんが、それ以外の“従業員”は欲しいという訳です。

シンプルな同一労働同一賃金の比較

  旧:賃金 新:賃金
基本給 年功序列 基本給
手当 社員重視 従業員
賞与 社員のみ 従業員
福利厚生 社員重視 従業員
能力給 反映 重視
職務給 反映 重視
時間外 反映 抑制

人柄や年齢、地位でなく、“成果”重視となっています。

変な物言いで、例えると、職人から従業員へということでしょう。

 

“成果”から生まれる高待遇

ボーナスもろたったのフリー画像(写真)

ボーナスもろたったのフリー画像(写真) ©すしぱく ©段田隼人(モデル)

ざっくりと言ってしまって、成果給の営業職、企画職は、良い年収になる可能性があります。

結果が求められますから。

結果が見えにくい事務職はかなり厳しいと言わざるを得ません。

AIも迫ってますから。

2020東京オリンピックを機に、人生半分未満、つまり50歳を行かない人は、ゼロベースでもう一度人生と向き合う必要がありそうです。

どうしてこうなったのか

どうしてこうなったのか?

それは時代ですね。

そういう時代に突入したということです。

“平成”や“昭和”“歴史”となったということでしょう。

時代の流れに逆らわない貴方が、人生楽しく生きることができるでしょう。

時間が許す方は後半もどうぞ。

 

グローバルスタンダードから見る日本

散らばった国旗カードのフリー画像(写真)

散らばった国旗カードのフリー画像(写真) ©すしぱく

度々、各方面で指摘がありますが、日本の企業の労働条件では「企業ごと」に設定することが常識となっています。

世界は、勤める会社が異なっていても「職務ごと」に労働条件を設定することが常識です。

キャリアアップ制度が望んだ形にならないのは、ここに原因があります。

転職の際、年収がガクッと落ちてしまうのは、企業ごとの評価だから、変わってしまうと一からやり直しとなる訳です。

その辺りの見直しが、同一労働同一賃金。

しかし、この同一労働同一賃金はメリットデメリットが存在します。

同一労働同一賃金のメリット

  1. キャリアアップにつながる
  2. さまざまな社員が活躍の機会を得られる
  3. 費用対効果の追求
  4. 成果給の評価向上
  5. ワークライフバランス

同一労働同一賃金のデメリット

  1. 表で人件費の高騰
  2. 裏でブラック企業の横行
  3. 成果がなければ給料は低い

 

同一労働同一賃金のガイドライン

横断歩道は手を上げて渡りましょうのフリー画像(写真)

横断歩道は手を上げて渡りましょうのフリー画像(写真) ©つるたま ©古性のっち(モデル)

同一労働同一賃金を実現するために、何が不合理な待遇差なのかについて、政府は、同一労働同一賃金ガイドラインを作成しています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190591.html

www.mhlw.go.jp

主な項目は以下の通り。

  • 不合理な待遇差をなくすための規定の整備
  • 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化
  • 行政による事業主への助言・指導等や裁判外紛争解決手続(行政ADR)の規定の整備
  • ※行政ADR 事業主と労働者との間の紛争を、裁判をせずに解決する手続きのことをいいます。

あやふやな賃金でなく、職務に対しての賃金基準を明確にし説明しろ、何かあったら、行政は動くぞと言っています。

唯一の明確な穴は、義務規定であり罰則がない部分ですかね。

 

日本人が苦手なこと、乗り越えたこと

帆船日本丸(日本丸メモリアルパーク)のフリー画像(写真)

帆船日本丸(日本丸メモリアルパーク)のフリー画像(写真) ©すしぱく 撮影協力・監修 gori.me

昔から、日本人は“カイゼン”は得意だが“発想”は苦手と言われています。

また、改革を極端に嫌い、元来保守的です。

しかし、時代は容赦なく移り変わります。

黒船が来襲した時、当時の日本人も様々なレベルで闘ったはずです。

今こそ、自分なりの一歩を踏み出すべき時です



自己紹介(プロフィールや過去記事にて)

古物商許可証

古物商許可証 ©天照 貴之

www.amaterasu-takayuki.club

 
About me!(Amaterasu All) Intra-site link(サイト内リンク) Twitter(ツイッター)
休憩所/天照備忘録

実体験に基づいて、
主に古物商や自営業に関わる事を記事にしています。

他、ガジェット系やスマホ関連も時々書いています。

記事一覧

記事一覧。


動画共有サイト/天照novel

ユーチューブ関連の動画主に紹介しています。

また、今話題の商品なども紹介。

日記/million-dollar’s dream blog

ちょっとしたことを書き留めています。

ヤフオク/あまてらす

Yahoo!オークション内、あまてらす専用ブース。

副業のすべて

副業、月商10万までの道のり。

BASE/あまてらす

BASE内、古物商あまてらすショップ。

自営業(古物商)のすべて

“古物商”あまてらすのすべて。

共通連絡先メールアドレス:xoxvtaka777-openpost@yahoo.co.jp